社員の出身地や所縁の地をどうやって紹介する?

社員自身に紹介してもらう

社内報で出身地や所縁の地を紹介は、社員自身にしてもらうと上手く伝わります。自分が生まれ育った町や土地について、饒舌に語る人は多いです。そう考えると、自分を知ってもらうためにその土地を上手に紹介してくれるでしょう。また、美味しいお店や馴染みのレストランなど、その土地に行ったら訪ねてほしい場所なども紹介すると、社員に興味をもってもらえるかもしれません。その興味が社員間のつながりに役立つことになるでしょう。さらに、思い出を交えて紹介することも大事です。どんな思い出がその土地にあったかを紹介することで、社員の紹介にもつながります。紹介した内容が面白くて興味深ければ、社内報の記事を読む社員は増えるでしょう。

同じ出身地か近い出身地の社員に紹介してもらう

同じ出身地であれば、社員の所縁の地を紹介できるでしょう。しかし、全く同じ出身地の社員を探すのは難しいかもしれません。その場合は、近い出身地の社員に紹介してもらいます。近くであれば紹介してほしい土地の情報を持っている可能性がありますし、行ったことがある可能性もあります。それであれば、インターネットで調べただけの情報よりも、詳しい情報が提供できる可能性があるのです。また、外から見たその出身地の面白い話があるかもしれません。美人が多いや、有名スポーツ選手がいるなど、その土地に近い人しか知らないことも提供できます。他己紹介をするようにその出身地や所縁の地を紹介すると、記事としては面白いものが出来上がるでしょう。

© Copyright Improve Company Newsletter. All Rights Reserved.