会社の歴史やしくみを紹介する楽しいタイトル例は?

社内報の意味から考える名前

社内報とは、会社そのもの、会社の経営陣から従業員に対して、様々な情報を発信することを目的として発行されるものです。その内容は特に定まっていませんが、社長や従業員の紹介や会社の事業の紹介など、基本的には会社にかかわることです。堅苦しいものというイメージが強いですが、社内報には、社員同士のつながりを強め、仕事の円滑化をはかるという意味もあるため、従業員の趣味や余暇の過ごし方といったラフなものも多いです。しかし、やはり会社にかかわる内容が基本のため、会社の歴史について仕組みを紹介する記事は欠かせません。

その際、読んでもらうことに社内報には意味があるため、タイトルは非常に重要です。堅い内容を伝えるにあたって、つまらないタイトルをつけてしまうと、そもそも読んでもらえない可能性があるので、楽しいタイトルをつける必要があります。長く、意味が分かりにくい、見にくいタイトルは避けるべきでしょう。

タイトルをつけるための考え方

堅い内容でも楽しそうなタイトルをつけるためには、いくつかのポイントがあります。そもそも、社内報のタイトルには、いくつかのポイントがあるので、それを踏まえながらつけていくことが重要です。基本的に社内報のタイトルは、社名や会社の理念、社長にかかわることなどを盛り込んでいくことになります。会社にかかわるものであるからという考えもありますが、社是や社訓、会社の理念を、何度でも社員に知らせる意味もあります。そのうえで、ポジティブな言葉やビジネスにかかわる単語を入れていくことが必要です。楽しいタイトルにするためには、ポジティブな単語、しかも一目でわかりやすい単語がおすすめです。例としては、「ENJOY」、「FRESH」、「HAPPY」などがあげられます。

© Copyright Improve Company Newsletter. All Rights Reserved.